ネットで上がっているレクリエーションをやってみた(キャップけん玉)

本日の挑戦内容

今回は「キャップけん玉」をやってみました。

【密にならない】2個の紙コップとペットボトルキャップと毛糸を使った高齢者施設(在宅介護・デイサービス・老人ホーム)室内簡単レクリエーション・ゲーム『キャップけん玉』 - YouTube

 

必要な材料

 ・紙コップ×2

 ・紐

 ・ペットボトルキャップ×2

作り方

・紙コップの底同士を合わせ、くっつける。

・紙コップをくっつけた部分に紐をくくりつけ、紐の先にペットボトルの蓋をくっつける。

 

実際にやってみた

施設のレク材置き場を探していると、ペットボトルのキャップの代わりに新聞を野球ボール大に丸めたものをくっつけてあるものがあったのでそれで挑戦!

 

実際に利用者さんにやってもらうとできない!!!!

ここで新聞紙のボールを動画のようにペットボトルのキャップに変更。

 

それでも難しい!

ならば、紐の長さを調整。長いようだったのである程度短くし、やってもらいながら長さ調整。

 

やっと何回か入るようになったので、ルール設定

 ・2チームに分かれて対戦。

 ・一人ずつ行い、初めに何回か練習していただく。

 ・1分間で何回入るかを競っていただく。

 ・入った回数を合計し、多いチームが勝ち。

 

なかなか入らない方が多かったので、1回入るまで練習していただき、そこから1分間で何回入るかを競いました。

当施設の利用者さんではだいたい0~8回入り、3~4回の方が多かったです。

 

ゲームの難易度設定

  • キャップを別の物に変える。
    キャップなど小さいもののほうが入りやすく、新聞紙で野球ボール大に丸めたものだと紙コップに入らず乗る形になるので難易度が上がる。
  • 紙コップの大きさを変える。
    コップが大きいと入りやすいし、小さいと入りにくい。
  • 紐の長さを変える。
    長いと入りづらく30㎝ぐらいが入りやすい感じを受けた。
    長く作っておいて、やりづらいようならコップに巻き付け、マスキングテープで固定するとテープをはがして微調整もしやすく、やりやすいと思います。
  • ルールの設定
    入る人が多ければ、何回連続で入るか競う。
    なかなか入りずらい場合は時間設定し、タイムトライアルで何回入るかで競う。

利用者さんの能力に合わせ調整し、難しいかもという表情が見られたら練習を入れると時間も稼げてよいです。

どのレクリエーションでもそうですが、難易度調整ができるようあらかじめ考えておくことが失敗しにくいレクリエーションのコツだと思います。

 

まとめ

今回のゲームは難易度が高めだったので、もっとやりやすい工夫をしていけたらいいなと思いました。

 

 

新型コロナウイルスとインフルエンザ

新型コロナウイルスとインフルエンザの比較について、

2021年1月下旬に、死者は累計5600人くらいになったけど、それでもインフルエンザの1万人に比べれば全然少ない。

感染拡大から1年超 新型コロナはインフルエンザより怖いのか(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース

という内容について、思ったことを書きたいと思います。

 

今、政府やメディアが発表している検査陽性者数や死亡者数の数字は、昨年からの累計なんですよ。発生してからずっと足し続けてきた数字です。  日本で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたのは2020年1月15日で、それからもう1年たったんです。統計の数字で比較するなら、1年で区切って比較するべき。1年でリセットして0に戻し、2年目の数字としてまた1からカウントするのが正しい。

という対象期間をそろえるのは比較するうえで正しいと思います。

 

インフルエンザの「感染者(症状が出て病院に行った患者数)」は、2018年~2019年の冬季シーズンで約1200万人、2017年~2018年は約1458万人、2016年~2017年は約1046万人で、毎年1000万人を優に超えています。毎年1000万人以上出ています。

一方のコロナの「検査陽性者数」は約30万人です。これは「感染者数」ではなくて、無症状だろうが何だろうが、PCR検査で陽性になった人を全部合わせた数字で、それでも30万人で、インフルエンザの「感染者数」とは2桁違う。とんでもなく少ないんです。

 

ここで気になったのがインフルエンザの死者数は今までの平均で会って、今回のように厳重な感染対策を行った環境下での数ではないことが気になりました。

 

厚生労働省が発表した2020/21年シーズンの8月31日から2月14日までの全国の累積の患者数が1011人。

過去5年間の平均患者総数は約111万人で、2020/21年シーズンの患者数は0.1%未満にとどまっている。

 

www.nippon.com

加え2020年1月6日~2020年4月5日(新型コロナ緊急事態宣言前)の感染者数約49.5万人。

この内容からだと、新型コロナの「検査陽性者数」は約30万人とインフルエンザの感染者数約49.6万人となりややインフルエンザ感染者数は多いが、2020/21年シーズンのインフルエンザ患者数の激減を考えると「インフルエンザよりも新型コロナウイルスのほうが感染力は高い。」ということではないでしょうか。

 

また新型コロナウイルスのほうが致死率は高く、メディアが煽るという人もいますが、実際に脅威だと感じてます。

 

1年以上感染拡大防止のために頑張ってきても感染は抑えられず広がっていることから我慢することに疲れてきている感じがありますが、改めて気を引き締めて感染症対策をしていきたいと思います。

新型コロナウイルスについて

いまだ猛威を振るっている新型コロナウイルス

5月3日現在、全国では新たに4469人、重症者1084名との報道がされています。

 

そんな中、西村大臣から

「屋外でマスクをつけていても感染が確認される事例が相次いでいる」

「近い距離で大きな声で会話が弾むと感染がでる」とのこと。

また「お札についたウイルスは1週間、宅配などの段ボールも1日以上生きる」と言われ、ステイホームしていても感染リスクはあることを示唆されていました。

高齢者だけでなく若い世代にも重症化が増えているとのことで、より感染対策が必要となってきています。

 

若い世代の重症化も増え、病床がひっ迫した状態で介護施設にて感染者が出た場合どうなるでしょう。

 

厚生労働省よりも、令和3年1月に、

~病床がひっ迫する場合には、高齢者等のうち、医師が入院の必要がない
と判断した場合は宿泊療養(適切な場合は自宅療養)としても差し支えない
こととしている~

参照:戦傷病者特別援護法に基づく援護の体系について

と記されており、状況によってはゾーニングを行っての対応が考えられます。

 参考:介護施設等における新型コロナ感染対策1(感染対策情報)|全国老施協

 https://www.roushikyo.or.jp/?p=we-page-single-entry&type=contents&spot=325685

 

ゾーニングはうまくいくのか?

しかし、ここで問題なのが、認知症のある高齢者などゾーニングを理解できない、動ける方もいる中、ゾーニングはできるのかということです。

 

実際にゾーニングできずクラスターが発生した事例もあります。

障害者施設でコロナのクラスター ゾーニングが機能しなかった理由 | NHK

 

サ高住でも、外部の医院に受診された方を居室対応しようとしても、居室で過ごすことができず、自ら共有スペースに出てこられてしまうことが多いです。居室入り口にて誰かが常に監視するわけにもいきません。

また職員の動線も、感染者の対応スタッフが施設に出入りするためにどうしても共有スペースやほかの方の居室前を通過しなければならず、正直、ゾーニングがうまく機能するイメージができません。

 

ゾーニングなど具体的なシュミレーションをし、最悪の事態を想定した行動が必要だと改めて考えさせられます。

 

 

昨年の振り返り(お金の勉強)

昨年は緊急事態宣言で引っ越し先や就職先を決めることができず、このまま有休期間が終わっても動けないのではないかという不安もあり、不安な毎日でした。このままではいけないと思いつつ、何もできない時間が多い中、出会ったのが、中田敦彦さんのYouTube大学の「お金の授業」という動画でした。

[http://:title]

 

 

もともとYouTubeのゲーム関係の動画がは見ていたのですが、たまたまおすすめに出てきたYouTube大学が出てきたのが視聴し始めたキッカケです。

初めて見たのは「七つの習慣」を要約された内容の動画で、昔「漫画でわかる七つの習慣」を読んでいたこともわり、今までよく理解できなかったことが分かりやすく説明してくだっさっていたので、この人の動画でなら自分の興味はあるが未知の「お金について」の勉強ができるかもしれない、と動画を視聴させてもらいました。 

とってもわかりやすく、何種類かの動画を見させていただいたのですが、中田敦彦さんの動画はお金の勉強だけではなく、また中田さん自身もまだ資産運用など勉強中で、説明はわかりやすいですがやや説得力はない感じがあるので他の方の動画もみるようになりました。

ただ、中田さんは勉強された内容を実践されながら新しい動画を上げてくだっさったりしているので、とっても興味深いですし、わかりやすいです。

 

 

わかりやすく説明してくださったので資産運用に興味をもち、もっと勉強したいと思い、ほかの方の動画を見始めました。

・ハック大学

・両学長 リベラルアーツ大学

西野亮廣エンタメ研究所

・鴨頭嘉人のビジネスYouTube

 

特に両学長のリベラルアーツ大学は今でもほぼ毎日視聴(ほとんど移動中に聞くだけのことが多いですが)させていただいてます。

おかげで、マネークイズは60点でした。もし勉強していなかったら1問ぐらいしか解答できなかったと思います。

[http://:title]

 

ハック大学でビジネススキルなど、西野亮廣エンタメ研究所・鴨頭嘉人のビジネスYouTubeではマインドを変えていくのにとても勉強になっています。

 

ただ、元来行動に移すのが苦手なため、今年4月から小額からの積立NISA、さいきんブログを始めるなど時間がだいぶかかってしましました。

引っ越しで貯金のほとんどを使い切ってしまったこと、新しい職場に移るため、年収が100万近く下がり、水道代・電気代が以前住んでいたところより高いというのもあり、やっと行動ができ始めました。

 

まだまだインプットもアウトプットも足りないですが、両学長の言葉で「今日が一番若い日です」を胸に、これから頑張っていきたいと思います。

新機動戦記ガンダムW EndlessWalz 

この記事を書いている現在、YouTubeガンダムチャンネルにて

新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz 特別編」公開中!!!

 

新機動戦記ガンダムWとは、

1995年(平成7年)4月~1996年(平成8年)3月までにテレビ朝日系列で放送されていた作品で、5人の少年が主人公で女子にも人気だった作品だったと記憶しています。

「EndlessWaltz」はTVシリーズの続編でOVAとして全3巻の作品で、ガンダムカトキハジメ氏のデザインに変わった作品で、主人公機の一つのウイングガンダムゼロは背中に4枚の羽根がありアメリカでも天使を連想させ人気だったと聞いてます。

「特別編」は追加シーンを加えた劇場版となってます。

 

当時、好きだった女の子がアニメ好きで、自分もアニメが好きだったことからアニメ雑誌を購入して読むようになり、ガンダムWを知りました。

当時は地方では放送していないところもあり、自分の地域でも放送していなかった為、ガンダムといえばガンプラしか知らなかったのですが、雑誌からストーリーを知り、それに対する視聴者の考えにふれることで興味をもち、今まで貯めていたお年玉を使いビデオをシリーズを購入。(ビデオというところが時代を感じる…)

もちろんEndlessWaltzも購入し、映画版も見に行きました。

自分が人生で一番はまったアニメです。

www.gundam-w.jp

今回の配信は、ガンダムチャンネルがチャンネル登録者数105万人突破を目指す企画「Road to U.C.0105」の一環として実施されるもので、チャンネル登録者数に応じて、順次、ガンダム作品を無料配信するうれしい企画!!。

EndlessWaltz特別編は今日5月1日(土)21:00より24時間限定で無料配信とのことで、もしかしたらもう一回みちゃうかも、というくらい好きです。

 

5月7日(金)には全国で「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」が公開とのことで気にはなるのですが、悩んでます。

新型コロナの流行中でも映画館は20分で全空気が入れ替わるくらいの換気が行われ、実際に大ヒットした「鬼滅の刃」でもクラスターは起きていないので、感染リスクは比較的低いでしょうが、自分が映画館という空間が苦手で、音を立ててはいけない空間で長い時間じっと観ているのが落ち着かないのです。

 

話はそれましたが、ガンダムWは自分がアニメのガンダムシリーズにはまるキッカケになった作品なので、楽しく視聴できました。

 

 

本日の施設内研修

本日の研修は書籍「腰痛のない身体介護術」より、

・ベッドから車椅子への移乗

・床からの立ち上がり

を学びました。

[http://


 

:embed:cite]

 

古武術介護での介助方法なため、独特な方法なものもあるのですが、基本的なところ(移乗でいえば支持基底面への重心移動、自分と相手の重心の位置関係など)は同じであったりするので、考え方として参考になるところもあります。

 

以前(10年近く前)、著者の岡田慎一郎先生の講習に参加させていただいたことがあるのですが、岡田先生も

古武術介護は基本的な考え方で決まった方法はなく、今後やり方が変わるかもしれない」

とおっしゃっていました。(違っていたらごめんなさい)

 

実際、床からの立ち上がり方法などは、やり方を間違えると逆に腰痛になる可能性もあるので、個人的には基本的な体の動かし方や考え方を学ぶことをお勧めします。

例えば、古武術介護では腕だけで物を持ち上げるのでなく全身の筋肉を効率的に使うことで容易かつ安全に持ち上げることを考えています。そのために体をどの位置で、どう動かせば腕の筋肉だけでなく背中などの筋肉も使って持ち上げる方法を紹介しています。

なので、基本がわかれば介助方法も変わり、腰痛リスクも減ると考えられます。

 

自分が古武術介護のさわりとして読みやすかったのが下記の書籍でした。

[http://


 

:title]

この書籍ではイラストも多く個人的にわかりやすかったと思います。

これも10年ほど前に購入し読んだものなので、現在はもっとよい書籍があるかもしれません。

 

実際、古武術介護の方法をつかっているかといすと、ほとんど使えてなく、自分は子供を抱っこするときに肩甲骨を広げる方法を使用しているだけです…

重さが軽減したり疲れないわけではないですが、少し楽なような気がして使っています。

今回再び古武術介護に触れる機会があったので、また勉強しなおしてみたいなと思いました。

 

 

ブログを書こうと思ったきっかけ

今更ながら、自分がブログを書こうと思ったきっかけ。

  1. 副職を考えていて「アフィリエイト」に興味を持ったから。

  2. 施設で提出したレポートが5点満点中2点だったから

  3. 計画書作成でも必要な、人に伝える文章を書きたいから

  4. 備忘録として(ついでに他の人の役に立つならうれしい) 

 

1.副職を考えていて"アフィリエイト"に興味を持ったから。

 在宅でできる副職を考えていて、せどりアフィリエイト、動画編集、webデザイナーなどいろいろ検討したが、スキルも初期投資に掛けるお金の少なさから、まず始めれそうなものとして「ブログでのアフィリエイト」に挑戦しようと思った。

 が、次の項目にも上げるよう、文才がない。

 「まずは慣れよう!」ということで、とりあえず50はネタを書くことを目標に行うことにした。

 

2.施設で提出したレポートが5点満点中2点だったから

 今務めている施設では研修が多く、レポート提出もあるのだが、自分ではうまくまとめたつもりでも低評価だと知ったため。何がいけなかったのかまだ分からないが、今の自分の力不足と受け止め、文章に接する機会を増やしたかった。

 

3.計画書作成でも必要な、人に伝える文章を書きたいから

 これは、そのままの理由。

 

4.備忘録として(ついでに他の人の役に立つならうれしい)

 ただ備忘録とするならノートに記せばいいが、ノートに書くより検索しやすそうなのと、もし誰かが自分のブログを見て、何かの役に立てるならいいかなという願望。

 

結論

 文章を書くことに慣れたい!!

 

今回も内容の低い文章だった・・・